【エンジニア必見】udemyのプログラミング学習おすすめ講座4選(2021年最新)

学習法

(この記事は2021年11月に更新)

・ udemyのおすすめの講座を知りたい
・ 結局どの講座が人気なの
・ 基礎から応用まで幅広く学びたい

この記事はそんな方に向けて書いています。

今回は、おすすめの、udemyプログラミング系講座を4つ具体的な解説も加えて紹介します。

web制作系』と『web開発系』でそれぞれ2つずつ紹介します。

✔︎ おすすめのプログラミング講座4選

・① WordPress開発マスター講座
・②【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践
・③ Reactが楽しくなるステップアップコース完全版
・④ PHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門 



① WordPress開発マスター講座

まず初めに紹介するのは、人気講師である、たにぐちまこと(ともすた)さんの『WordPress開発マスター講座』。

たにぐちさんの動画は、語り口調が優しく、説明も『なぜこのような動きになるのか』という部分まで掘り下げ、解説をしてくれているので、初心者にも理解しやすい講座となっています。

結論から言うと、『WordPress開発マスター講座』をやっておけば、WordPress開発の、基礎から応用までを、網羅的に学ぶことができます。

自分もたにぐちさんの動画で学習した上で、案件に入ったのですが、幅広い基礎がついているの、無理なく開発を進めることができました。

講座のおすすめポイント

✔︎ 解説が丁寧なので、初心者でも理解しやすい
✔︎ 環境構築も解説してくれている
✔︎ 具体的なブログテーマを開発しながら学習できる
✔︎ WordPress案件頻出の『カスタム三兄弟』も網羅している
✔︎ カスタムブロックなどの応用も網羅している

このような感じで、基礎から応用までを『なぜそのように書くのか』を明快に解説してくれています。

案件で頻出かつ、独学だと勉強が難しい『カスタム投稿タイプ』『カスタムフィールド』『カスタムタクソノミー』といったカスタム三兄弟もわかりやすく解説してくれています。

こちらのWordPress開発講座を1本しっかり学んでおけば、WordPressの学習は十分というレベルの内容なので、ぜひ『WordPressマスター講座』を利用して、学んでください。

またWordPressの具体的な学習手順については、『WordPress学習ロードマップ』で1万字で丁寧に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【図解で解説】WordPress学習ロードマップ(2021年)

②【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践

次に紹介するのは、『Code Mafia』さんの『ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践』です。

こちらの講座では、『CSSとJavaScript』を基礎から学ぶことができ、最終的には、ポートフォリオでも使える『アニメーションを持つwebサイト』を1つ完成させてます。

講座の流れとしては、最初はCSS(SCSS)の基礎的な書き方から始まり、『アニメーション』『変数』といった応用の書き方を学んだ上で、JavaScriptの基礎を整理した上で、動的なwebサイトを完成させる構成となっています。

講座のおすすめポイント

✔︎ CSSの簡単な基礎から始まる
✔︎ 『アニメーション』『擬似要素』といった応用も丁寧に解説
✔︎ JavaScriptも基礎的な文法解説から始まる
✔︎ JavaScriptの応用的な関数の使い方も学べる
✔︎ 講座を通してポートフォリオとなるwebサイトを作成できる

こちらの、『ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践』ではjQueryなどのライブラリーは使わず、純正JavaScriptのみで進められるので、『web開発』を将来的にするという方にも、かなりおすすめの講座です。

私もこの講座を通す中でJavaScriptの基礎から応用を学びました。
1周やり切るだけでも、相当な力になるので、かなりおすすめの講座です。




③ Reactが楽しくなるステップアップコース完全版

次に紹介するのは、『じゃけぇ』さんの『Reactが楽しくなるステップアップコース完全版


こちらのコースはudemyのReact講座内でも、『最高評価』を獲得している講座です。

講座内容は『React×TypeScript』を学ぶ講座となっています。

解説もReactのレンダリングといった基礎項目から始まり、Reactにおけるstyleの付け方や、ルーティングなど『実務でも必ず使う技術』を網羅的に解説しています。

私自身、じゃけぇさんの講座で基礎を固めた後に、実務に入ったのですが、何度も『これ講座の内容で出てきた実装だ!』と思いました。

この講座を学ぶことで、『実務で使う上で、基礎を網羅的に学ぶことができる』ので、超おすすめの講座となっています。

講座のおすすめポイント

✔︎ ルーティングの最適化を学べる
✔︎ Reactで使われるスタイル(CSS)の当て方を網羅的に学べる
✔︎ アトミックデザインを学べる
✔︎ グローバルstateといった応用的な内容も網羅
✔︎
JSONPlaceholderで擬似的なAPIの操作を学べる
✔︎ アプリ開発を通して総まとめをしてくれる

正直ここまでの内容を詰めて『2000円以内(セールで値段は変動)』で学べてしまうのは恐ろしいと思うくらいのクオリティーです。

コースは少し応用的な内容も含んでいるのですが、じゃけぇさんは『Reactの基礎講座』も、一緒に出されているので、基礎が不安な方は合わせて購入することをおすすめします。

基礎講座は『モダンJavaScriptの基礎から始める挫折しないためのReact入門』です。

④ PHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門 

最後に紹介するのは、1つ目でも紹介した『たにぐちまこと』さんの、『PHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門』講座です。

この講座では、PHPを通してバックエンドの基礎を網羅的に学ぶことができます。
PHPはWordPress開発でも使われており、バックエンド開発でも人気の言語です。

たにぐちさんの講座ということもあって『基礎をしっかり掘り下げてくれており、解説が丁寧でわかりやすい』ので、詰まることなく、進めていくことができます。


講座のおすすめポイント

✔︎ PHPの基礎文法および環境構築から学べる
✔︎ MySQLでのデータベース操作についても学べる
✔︎ データベース側とのつながりもアプリ開発を通して学べる
✔︎ 最後はTwitter風の掲示板開発を通して総まとめをしてくれる

こちらの講座でも、最終的には『アプリ開発』を通して全体の総復習をしてくれるので、知識が定着しやすくなっています。

自分はフロントエンジニアとして現在働いているのですが、バックエンドとの繋ぎ込みなどを行う際に、ある程度のバックエンドの知識は必要になるので、この講座によって、バックエンドの基礎を固めたことが、かなり役に立ちました。
ぜひこちらの講座を通してバックエンドのアプリ開発の流れを学んでみてください。

いかがだったでしょうか、今回は『web制作』『フロントエンド』『バックエンド』の学習でおすすめのudemy講座を紹介しました。

最後に今回紹介した講座を再度まとめます。

・① WordPress開発マスター講座
・②【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践
・③ Reactが楽しくなるステップアップコース完全版
・④ PHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門