【エンジニア必見】2022年Udemyおすすめプログラミング学習おすすめ講座(分野別)

学習法

(2022年11月更新)

はじめに

今回は今まで自分が受講してきたUdemy講座の中で良かった講座を厳選してまとめました。

自分は新しい技術を学ぶ時はUdemyを中心に基礎をインプットし、何かしらの制作物を作って学んだ知識をアウトプットするように学習をしています。

そのためUdemy講座を選ぶ際は、基礎から網羅的に学べるものを受講するようにしています。

今回は自分が実務でも担当している「Web制作系」「フロントエンド系」「サーバーサイド系」で実際に受講して学びになった講座を解説も加えて紹介します。 今回紹介する講座は下記です。

1. ちゃんと学ぶ、HTML+CSS & JavaScript入門講座
2 .【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践 (Web制作)

3. CSSを効率的に書く!フロントエンドエンジニアのための「Sass」講座 (Web制作)
4. WordPress開発マスター講座 (Web制作)
5. 【2022年最新】React完全入門ガイド (フロント)
6. Reactが楽しくなるステップアップコース完全版 (フロント)
7. React v18の機能を丁寧に理解する (フロント)

8. Firebase + React HooksによるWebアプリ開発 (フロント)
9. High Performance React Web 開発 (フロント)
10. PHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門  (サーバー)
11. はじめてのRuby on Rails入門 (サーバー)

12. REST WebAPI サービス 設計 (サーバー)
13. プログラミング中級者になりたい人のためのクリーンコード入門 (エンジニア全般)

14. ちゃんと学ぶ、Git/GitHub・SourceTree講座 (エンジニア全般)

幅広く紹介するため数が少し多くなってしまっています。

まずは自分が今学びたい分野について優先して参考にしてみてください。

各講座かなり詳しく解説と感想を入れています。

この記事の対象者

  • コスパ重視でプログラミングを学びたい人

  • Udemyでおすすめの分野別プログラミング講座を知りたい人

  • 最新技術をキャッチアップしたい人

Web制作系

こちらの章ではエンジニアの最初の登竜門でもあるWeb制作系の講座を紹介します。

巷では数多くのWeb制作系の学習サービスがありますがUdemyでも十分実務で通用できる力を見つけられる講座が多いので今回はそれらを中心に紹介していきます。

ちゃんと学ぶ、HTML+CSS & JavaScript入門講座

まず初めに紹介するのはHTMLやCSSの基礎を網羅的に学べるたにぐちまことさんの「ちゃんと学ぶ、HTML+CSS & JavaScript入門講座」です。

たにぐちまことさんはUdemyで最高評価でありエンジニア界隈でも名の知れている有名講師です。

こちらの講座では基礎的なHTMLとCSSの解説からはじまり、JavaScriptといったWeb制作をする上で必須項目の技術を学ぶことができます。

また、たにぐちまことさんは解説が非常に丁寧で「なぜこのような動きになるのか」「なぜこのコードを書くのか」といった疑問が出てくるであろう箇所も的確に解説をしているので、初心者でも挫折せずに進めることができます。

さらに質問対応も早く丁寧であるので学習をサクサクと進めることができます。

この講座で学べる内容

こちらの講座では下記で紹介するように、HTMLやCSSといったプログラミングを学ぶ上で必須である内容からJavaScriptなどの動きをつけるために必要な内容を学ぶことができます。

・HTML&CSSを使ったコーディング
・レスポンシブ対応でスマホサイトを作る
・Bootstrapでの効率的なWeb制作
・JavaScriptのイベント周り
・Ajax通信などの応用的な内容
・JavaScriptライブラリーについて

講座のおすすめポイント

✔︎  口調が優しくゆっくりなので聞き取りやすい
✔︎ 「なぜ」という疑問が残らないような解説をしてくれる
✔︎ 具体例などを交えた解説をしてくれるので理解しやすい
✔︎ 初心者が網羅的にプログラミングの基礎を学べる

ぜひ「ちゃんと学ぶ、HTML+CSS & JavaScript入門講座」の講座を参考にしてみてください。

【JavaScript&CSS】ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践

まずはじめに紹介するのはフロント界隈でも有名なCodeMafiaさんのガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践です。

講座の概要

ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践講座では、CSSの基礎文法やアニメーションの作り方から始まり、JavaScriptの基礎文法及び高度な関数といったWeb制作でも必須項目である内容を幅広く学ぶことができます。

また解説も「なぜこの実装なのか」「なぜこのような動きになるのか」といった部分も丁寧に解説をしてくれているので、初心者でもサクサクと進めることができる講座になっています。

最終的には学んだCSSとJavaScriptを利用してアニメーションを持つWebサイトを1つ制作をする体験もできます。

作成したWebサイトはポートフォリにも使えるレベルのクオリティーの高さなので作るの中でもかなり学べることが多いです。

この講座で学べる内容

こちらの講座では下記で紹介するように、基礎学習から応用そして実際のWeb制作といったように幅広く学ぶことができます。

・コードの効率的な記述方法
・CSSの基礎学習
・CSSの応用 (アニメーション)
・JavaScriptの基礎文法
・JavaScriptの実践的な記述
・レスポンシブ画面の作り方
・本格的なWebサイトの作成

講座のおすすめポイント

✔︎ 「なぜこの動きになるのか」といった解説が丁寧
✔︎ 「アニメーション」「擬似要素」等の応用内容も学べる
✔︎ JavaScriptも基礎文法の解説から高度な関数まで学べる
✔︎ 総まとめとしてWebサイトを実際に制作することができる

ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践では、jQuery等のライブラリーは使わず純正のJavaScriptだけを用いて進められるので将来フロントエンドエンジニアになりたい人にとってもかなり力をつけることができる講座になっています。

ボリュームも程よく初心者から中級者へのステップアップとしておすすめの講座なので、これからWeb制作を本格的に学びたい人やprogate等で基礎学習が終わり応用的な内容を学びたい人におすすめの講座です。

CSSを効率的に書く!フロントエンドエンジニアのための「Sass」講座 

次に紹介するのは、現代のWeb制作において必須のスキルともなっているSassについて学ぶことができる「CSSを効率的に書く!フロントエンドエンジニアのための「Sass」講座 」です。

講座の概要

こちらの講座ではSassの書き方といった基礎的な内容から、実務では当たり前のように使う「mixin」「変数」「関数」「フレームワーク」といった少し応用的な内容までを学ぶことができます。

こちらの講座は解説が丁寧なので、初心者でもサクサクと学習を進めることができます。

さらに最後は総まとめとして実際にWebサイトを制作しながら知識をアウトプットすることができる構成になっているので、「使える知識」として自分のモノにすることができます。

HTMLとCSSの基礎をある程度固めた方や、web制作スキルをより伸ばしたい方はにはおすすめ講座となっています。

この講座で学べる内容

・Sassの概要と環境構築
・入れ子構造について
・変数と演算の基本
・ファイル分割について
・ミックスインと継承
・変数の利用や制御
・関数

講座のおすすめポイント

✔︎ Sassについて基礎から学べる
✔︎ 高度なテクニックもわかりやすく解説している
✔︎ 最後の総まとめでWebサイトを制作するので知識が定着しやすい

こちらの講座はCSSの基礎が固まった上で学ぶのにおすすめの講座なので、Sassについてより理解を深めたい人や高度なテクニックを学んで制作スピードを上げたい人はぜひ受講してみてください。




WordPress開発マスター講座

次に紹介するのはWordPressを基礎から応用的な内容まで幅広く学ぶことができるたにぐちまことさんの「WordPress開発マスター講座」です。

講座の概要

こちらの講座でも、語り口調が優しく「なぜこのような動きになるのか」といった部分を丁寧に解説してくれるので初心者でも理解しやすい講座になっています。

WordPressは今のWeb制作においてほぼ必須といっても過言ではない技術になっているので、こちらの講座で網羅的に学ぶことでより仕事の幅を広げることができます。

自分自身もこの講座をやった上でWordPress関連の開発に携わったのですが、基礎を網羅的に学べたおかげで仕事でも苦しむことなく進めることができました。

この講座で学べる内容

・WordPressの開発環境の構築
・WordPressのテーマの作成
・カスタム三兄弟といったWordPressの応用的な内容
・ブロックエディターの開発

講座のおすすめポイント

✔︎ 解説が丁寧なので初心者でも理解しやすい
✔︎ 環境構築から解説が行われている
✔︎ ブログテーマの開発をしながら学習を進められる
✔︎ WordPress開発で必須である「カスタム三兄弟」も丁寧に解説している

こちらのWordPress開発講座を1本しっかり学んでおけば、WordPressの学習は十分というレベルの内容なので、ぜひWeb制作の仕事をこれからしていきたい人は学んでみてください。 またWordPressについての詳しい学習法に関しては【図解で解説】WordPress学習ロードマップ(2022年版)で解説をしているので、ぜひ読んでみてください。

【図解で解説】WordPress学習ロードマップ(2022年版)

フロントエンド系

【2022年最新】React完全入門ガイド

フロント周りの講座で最初に紹介するのはWeb制作系の講座でも紹介したCodeMafiaさんの「【2022年最新】React完全入門ガイド|Hooks、Next.js、Redux、TypeScript」です。

講座の概要

こちらの講座はReactの本質的な理解を追求して解説がされているためかなり学びになる内容が詰まっています。

また「なぜこうなるのか」といった部分についても掘り下げて解説をしてくれるので躓くことなくスムーズに学習を進めることができます。

とくにReactが関数プログラミングあることについても掘り下げて解説をしてくれているのでかなり勉強になります。

さらにReact18やNext.jsの内容も解説をしているので最新のフロントエンド技術もキャッチアップすることができます

とくにNext.jsにおけるSSR、SG 、といった内容も丁寧に解説をしているので理解がスムーズにできます。

自分は実務でReactを使って1.5年目になりますが、こちらの講座を通して「分かったつもり」で使っていたReactを改めて学び直すことができました。

この講座で学べる内容

・ReactとJavaScriptの文法について
・イベントリスナと状態管理
・制御構文とフォームの制御
・ReactのStyleについて
・DOM操作
・関数プログラミングについて
・カスタムフックについて
・パフォーマンスの最適化
・API連携
・Next.js
・テストの書き方

講座のおすすめポイント

✔︎  Reactの本質的な理解ができる
✔︎ Next.jsやReact18といった最新技術もキャッチアップできる
✔︎ 「なぜこの動きになるのか」といった解説が明快

普段Reactを使っている人も本質から学び直せるのでかなり勉強になる講座になっています。

講座ボリュームも多く初心者~上級者の全員におすすめしたい講座になっています。

ぜひ「【2022年最新】React完全入門ガイド|Hooks、Next.js、Redux、TypeScript」の講座を受講してみてください。

Reactが楽しくなるステップアップコース完全版

次に紹介するのは、Udemy最高評価のじゃけぇさんが出している「Reactが楽しくなるステップアップコース完全版」

講座の概要

こちらのコースはUdemyのReact講座内で最高評価を獲得している講座です。

講座内容はReact×TypeScriptメインで学ぶ講座となっています。

Reactの基礎文法の解説から始まりスタイルの当て方やコンポーネント分割といった内容を学んだ上で、最後に実際にアプリ開発を通して学んだ知識をアウトプットさせていく構成で講座は進んでいます。

自分自身もReactを実務で使っているのですが、この講座で学んだことがかなり実務でも生きていると実感しています。

この講座で学べる内容

・レンダリングの仕組みと最適化
・CSSの当て方
・ルーティングの基本
・コンポーネント分割について
・グローバルstateの管理法
・API連携
・React×TypeScriptの開発
・カスタムフック

講座のおすすめポイント

✔︎  実務で使えるReactを学べる
✔︎ 小話を挟んでくれるので飽きずに動画を見ることができる
✔︎ 使っている技術がモダン
✔︎ API連携まで対応している

自分自身、この講座で学んだことが仕事でも生かされているので、こから現場につく人やReactを学んでみたいという方におすすめの講座になっています。

こちらの「Reactが楽しくなるステップアップコース完全版」は応用的な内容であるため、基礎から学びたいという人は同じくじゃけぇさんが出している「モダンJavaScriptの基礎から始める挫折しないためのReact入門」という講座があるので、そちらから進めていくことをおすすめします。

今後のフロントエンド開発で必須知識となるReact v18の機能を丁寧に理解

次に紹介するのも、Udemy最高評価のじゃけぇさんが出している「今後のフロントエンド開発で必須知識となるReact v18の機能を丁寧に理解する

講座の概要

こちらのコースはReact18で使われている最新機能をいち早く学ぶことができる講座になっています。

Reactは技術の進化が早いので、この講座を通して最新の技術をインプットし実務で生かすことができます。

公式ドキュメントだと解釈しにくい内容も、講師のじゃけぇさんがわかりやすく噛み砕いて解説をしてくれているので、初心者でも無理なくトレンド技術をキャッチアップすることができます。

この講座で学べる内容

・React18の破壊的変更について
・Automatic Batching
・Transition
・Suspense
・React v18で追加されたHooks

ほとんどの人が聞き慣れない、技術かもしれませんが今後Reactを使っていく上で必要不可欠になるであろう技術なので、ぜひこちらの講座をとして学習してみてください。

講座のおすすめポイント

✔︎ React18についてキャッチアップできる
✔︎ 公式ドキュメントだとわかりにくい内容を噛み砕いてくれている
✔︎ 雑談コーナーがあるので動画が飽きない

ぜひReact18についてキャッチアップしたい人はこちらの講座を通して学習をしてみてください。

Firebase + React HooksによるWebアプリ開発

次に紹介するのはReactを実務で使う際の組み合わせとして頻出であるFirebaseとの連携を学べる「Firebase + React Hooks(TypeScript)によるWebアプリ開発」です。

講座の概要

こちらの講座では、今のReactの開発現場において切っても切れない関係のFirebaseとの連携を周りを基礎から学ぶことができます。

最初に基本的な文法を学んだ上で、Twitterのクローンアプリも開発できるのでポートフォリを開発したい人にもおすすめの講座になっています。

この講座で学べる内容

・React×TypeScriptについて
・認証機能の開発
・Twitterクローンの開発

講座のおすすめポイント

✔︎  React×Firebaseといった頻出の構成学べる
✔︎ 認証機能周りについて深く知れる
✔︎ Twitterのクローン開発ができる
✔︎ ポートフォリオを作れる

React×Firebaseの構成で開発を行なってる人や、ポートフォリオを作る過程で技術を学びたい人にはおすすめの講座なのでぜひ受講してみてください。

High Performance React Web 開発

最後にフロント系で紹介するのは、Reactのパフォーマンスチューニング周りを重点的に解説をしている「High Performance React Web 開発」です。

講座の概要

こちらの講座ではReactを用いたフロントエンド開発のパフォーマンスチューニングについて学ぶことができます。

また実際にサーバーサイド側で簡易的なAPIを開発しフロント側で連携するといった実務でも頻出の開発を一通り学ぶことができます。

具体的に簡易ブログを開発しながら解説をしてくれているので身につきやすい構成になっています。

useCallBack」「useMemo」などをなんとなくの理解で使っていた自分にとってかなりためになる講座でした。

この講座で学べる内容

・React.memo / useCallback / useMemo
・Reactの状態管理
・React-query
・API開発

講座のおすすめポイント

✔︎  独学で学びづらいパフォーマンスチューニングについて学べる
✔︎ React.memo / useCallback / useMemoについて本質的に理解できる
✔︎ APIの開発及び結合までの流れがわかる
✔︎ アプリ開発を最後にするので知識が定着する

パフォーマンスチューニングを意識できるかは重要な視点なので、ぜひReactの基礎が固まっており、もう一ステップ上を目指したい人は「High Performance React Web 開発」の講座を受講してみてください。

サーバーサイド系

ここからはサーバーサイドの技術を学ぶことができるUdemy講座を詳しく紹介していきます。

PHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門  (サーバー)

まずはじめに紹介するのは、先ほども登場したたにぐちまことさんが出しているPHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門講座です。

講座の概要

こちらの講座では、サーバーサイドであるPHPについて基礎文法から網羅的に学ぶことができます。

データベース周りについても一通り学ぶことができるので、これ一本でサーバーサイドの基礎及び動きを理解することができます。

まら最後に総まとめとして、掲示板アプリを開発するので学んだ知識をアウトプットできる理解しやすい構成になっています。

たにぐちさんは口調が優しくゆっくり解説しているので、聞き取りやすい動画になっているもの特徴です。

この講座で学べる内容

・PHPの環境構築
・PHPの基本文法
・データベース
・PHPとデータベースの連携
・掲示板アプリの開発

講座のおすすめポイント

✔︎ PHPを基礎から応用まで幅広く学べる
✔︎ サーバーサイドの流れを掴める
✔︎ データベースについても学べる
✔︎ 掲示板アプリの開発があるので知識が定着しやすい

これからサーバーサイド側の技術に挑戦したみたい人や、PHPを学んでみたい人にはかなりおすすめの講座になっているので、「PHP+MySQ Webサーバーサイドプログラミング入門を受講してみてください。

はじめてのRuby on Rails入門

次に紹介するのは、Ruby on Railsについて基礎の基礎から学ぶことができる「はじめてのRuby on Rails入門」です。

講座の概要

こちらの講座では最新バージョンのRuby on Railsについて学ぶことができます。

この講座はRubyやRailsの基礎文法及びお作法から解説がはじまり、最後は総まとめとしてQ&Aサイトを開発します。

さらにHerokuを利用してデプロイするところまで学べるので、初心者の人は開発から本番反映という一連の流れを経験することができる講座になっています。

この講座で学べる内容

・Rubyの基本
・Railsの基本
・Q&Aアプリの開発
・Herokuを使ったデプロイ

講座のおすすめポイント

✔︎ 環境構築から解説をしている
✔︎ 最新のRailsバージョンが学べる
✔︎ Q&Aアプリを総まとめで開発できる
✔︎ 本番反映に関しても学べる

これからRailsを学んで生きた人におすすめの講座なので、ぜひはじめてのRuby on Rails入門」を受講してみてください。

Nest.js + Next.js によるフルスタックWeb開発

Node.jsのフレームワークNestJSについて具体的なアプリ開発を通して学ぶことができまる「NestJS + Next.js によるフルスタックWeb開発」です。

講座の概要

こちらの講座ではフロント側をNext.js、サーバー側(API)をNestJSを用いてTODOアプリ開発をしながら2つの技術を学ぶことができる講座になっています。

NestJSは日本語のドキュメントも少なく勉強がしづらい一方で、ReactやNextを使っているフロントエンジニアでもとっつきやすいサーバーサイドの技術として伸びてきています。

自分自身も実務でNext×Nest構成の開発をする際に、こちらの教材を参考に基礎学習をしました。

この講座で学べる内容

✔︎ NestJSでのAPI開発
✔︎ JWTを用いた認証機構
✔︎ TODOのCRUD開発
✔︎ Nextでのフロント開発

講座のおすすめポイント

✔︎ 図解が豊富なので初心者でもとっつきやすい
✔︎ Nestを用いたAPI開発を一通り学べる
✔︎ 解説に無駄がなく学びやすい

ぜひ「NestJS + Next.js によるフルスタックWeb開発」でサーバーとフロントの連携及び開発手法を学んでみてください。

REST WebAPI サービス 設計 (サーバー)

次に紹介するのは、WebAPIについて基礎から学ぶことができる「REST WebAPI サービス 設計」です。

講座の概要

こちらの講座ではWebアプリ開発で必須であるAPIについて基礎から学ぶことができます。

APIはフロントエンドでもバックエンドでも使う技術であり、どこかのタイミングでしっかり学び直したいと思っていたのでこちらの講座を受講しました。

普段はRailsを利用してAPIの実装をしているのですが、設計についてそこまで深い知識を持っていなかったのでとてもためになる講座でした。

こちらの講座では、基礎の基礎であるWebサービスがどのように動いているのかといった内容から始まり、具体的なAPI設計についての解説や開発、また最後にはAPI開発において必須ですOpenAPI & Swaggerについても学ぶことができます。

この講座で学べる内容

・Webサービスの基本
・REST制約
・REST WebAPI サービス設計(基本編)
・REST WebAPI サービス設計(応用編)
・OpenAPI & Swagger

講座のおすすめポイント

✔︎ HTTPなどのWebの基礎から学べる
✔︎ REST API設計について学べる
✔︎ OpenAPI & Swaggerを総まとめで学べる

これから実務でAPIに携わる人やAPIについて基礎から学び直したいという人は、ぜひ「REST WebAPI サービス 設計」の講座を受講してみてください。

エンジニア全般

最後に紹介するのはコードを書くエンジニアなら全員が使うであろうツール及び技術を体系的に学ぶことができるUdemy講座を紹介します。

必須科目でもある内容なので少しでも不安がある人やこれから現場に着く人は学ぶことをおすすめします。

プログラミング中級者になりたい人のためのクリーンコード入門

綺麗なコードを書くための方法論が具体例と共に解説されている「プログラミング中級者になりたい人のためのクリーンコード入門」です。

講座の概要

こちらの講座ではコードの書き方について学ぶことができます。内容も広く深くコードの書き方が解説されているので、初心者から中級者まで新たなる発見ができる講座になっています。

この講座で学べる内容

・命名規則
・コメント
・変数の定義
・関数の定義
・繰り返し処理
・条件分岐
・クラス
・SOLID

講座のおすすめポイント

✔︎ 具体例を元に悪いコードと良いコードが学べる
✔︎ 演習問題が多いのでアウトプットもできる
✔︎ 「コードの書き方」という本質的な部分を網羅的に学べる

ちゃんと学ぶ、Git/GitHub・SourceTre

まず紹介するのコードを書くエンジニアにとって必須ツールでもある、Git・GitHubを体系的に学べる「ちゃんと学ぶ、Git/GitHub・SourceTree講座」です。

講座の概要

こちらの講座ではGit・GitHubについて基礎から学ぶことができます。

Git及びGitHubは現場では必ず使うツールなので学習段階である程度基礎を固めておくことが重要です。

さらにコード管理をGUI上で操作できるソースツリーについての解説もされているのでかなりタメになる講座になっています。

この講座で学べる内容

・Git・GitHubについて
・Gitでの一連の開発

講座のおすすめポイント

✔︎ Git・GitHubといった独学で学びづらい内容を学べる
✔︎ 解説がゆっくりで優しい口調なので聞き取りやすい
✔︎ 現場に入る前の必須事項を学べる

エンジニアとしての必須科目でもあるので是非「ちゃんと学ぶ、Git/GitHub・SourceTree講座」を受講してみてください。

最後に

いかがだったでしょうか。
 

今回はエンジニア向けのおすすめUdemy講座を網羅的に紹介しました。

分野別にまとめたので、ぜひ自分が目指すエンジニア向けの講座を受講しつつ、余力があれば分野を広げてみてください。

当ブログでは他にも様々な記事を出しているのでぜひ読んでみてください。

【図解で解説】WordPress学習ロードマップ(2022年版)

【実録】フロントエンジニアとして働くまでの学習法(2022年最新)

【2021年最新】webマーケが学べるudemyのおすすめ講座4選

 

 

ピックアップ記事